--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生保申請ビデオ弾圧 賛同人・団体・メッセージ追加

2009年12月28日 23:57

賛同メッセージを追加します。前のメッセージは以前の記事をご覧下さい。
賛同人・賛同団体一覧を追加しました。


中村順(貧困当事者)
大阪府柏原市でのA君不当逮捕・不当起訴に断固抗議します。
犠牲者A君の一刻も早い解放を求めます。
こんな愚行(不当逮捕・不当起訴)が横行したら、日本全体が「闇社会」になってしまうぞ!

京都生協の働く仲間の会
1, 公表可能です。
2, 生活保護制度はしっかりと守っていかなければなりません。私達の仲間も、色々生活保護制度を活用して、生き延びてきました。そして更に頑張っています。その時は、まだ、今回のようなことはなかったように思います。
一緒に労組仲間が、福祉事務所に行きました。
3, 役所の公務員労働者の奮起をお願いしたいです。役場の公務員労働者は、失業労働者仲間を、労働者仲間として考え、行動して欲しいです。どんどん交流し、失業を強いられている仲間には、失業を強いる会社と社会との闘いを、共に担うことを考えて欲しいです。
4, 公務員労働者が、命令通りすることばかり考えていると、赤紙配達人になってしまいます。また、戦前は、東北地方では特に、役場が、年少女子の人身売買取引の場になったと聞きます。そこで、公務員は、人身売買仕事に従事したと聞きます。
そんなことは、繰り返してはなりません。公務員労働者と失業労働者仲間の大団結を作る為に、共に頑張りましょう。特に、公務員労働者側からの努力が絶対に大事です。この点強く訴えたいです。

土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)
ビデオカメラを持って回しただけで、
逮捕・起訴されるなんておかしくないですか?
街中や公共施設には監視カメラがあふれ、
市民生活を毎日撮影しているじゃないですか。
Aさんは、福祉事務所の職員に
「ユニオンチューブ」があると発言したという。
「ユニオンチューブ」とは、某動画投稿サイトのように
市民自身が映像発信することが出来るシステムだ。
「ユニオンチューブ」考案者の一人でもある私は
Aさんの不当な拘留を許さない。
Aさんは、福祉事務所の職員を脅迫するために
カメラを手にしたのではないことは明らか。
生きたいと思っただけだ。
大阪府警は、一刻も早くAさんを解放しろ!

栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)
カメラを回すだけで逮捕、起訴、拘留されるとはほんとうに酷すぎます。まさに23日の討議でも語られているように「弱いものいじめ」です。起訴する労力やお金があるのなら違うところで使ってください。

筒井雪江(永世中立宣言運動)
人間は、お互いが尊重し合い、ともに助け合わねばならないと思います。
同じ人間なのに、A君のように、その日一日を生きることも難しい人を、いみじくもそういう人たちを助ける職務にある人が、なぜ見捨てようとするのですか?
難しい状況にあっても、前向きに生きようとするA君の気持ちを、なぜ尊重しないのですか?
自分が生きるために、懸命に勉強し、しっかりと前を見て歩いていたA君に、どんな罪があるというのでしょう?
生きようとすることに、どんな罪があるというのでしょう?

竹村洋介(近畿大学講師)
「生活保護の水際作戦」に加え、このような不当な長期拘留は許されることではありません。
人権の蹂躙も甚だしいと言わざる得ません。当然のことではありますが、
A君は即時釈放されるべきです。


【個人賛同人】(12月28日現在)
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)、赤石千衣子(反貧困ネットワーク)、雨宮処凛(作家・反貧困ネットワーク副代表)、生田武志(野宿者ネットワーク代表)、小野俊彦(フリーターユニオン福岡執行委員)、河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)、舟木浩(弁護士、反貧困ネットワーク京都事務局長)、さとうしゅういち(民主党員、福祉行政職員)、木村厚子(岐阜県)、小林希行、藤藪貴治(北九州市立大学非常勤師)、蓼沼紘明、イダヒロユキ(大学非常勤教員)、吉野一彦(クリニカルラボ御影院長)、藤田 博士(茨城保健生協組合員)、尾崎英樹(働かないホモセクシャル)、紺野茂樹、中野由紀子(「旗旗舎・東京」)、小塚太(ピースネット/市民平和基金:東京)、木下茅(東京女子大学非常勤講師)、竹林 隆(大阪教育合同労働組合書記長)、有園正俊(精神保健福祉士)、エッグマン(医療労働者・大阪)、白石草(OurPlanet-TV)、江上諭子(ビデオ作家)、林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)、清水裕(学生)、高野聡(活動家一丁上がり!講座受講生)、嶋田頼一、吉田卓史、細野秀太郎(オルタ)、庄野真代(活動家一丁あがり講座)、久保田健司、前田昭典、くまがいマキ(劇作家)、兼近修身、竹内絢(ふぇみん)、渡邊太(taiyoh.org)、匿名(神奈川:アルバイト)、花澤尚巳、森ひろみ(無職)、西村仁美(ルポライター)、澤田春彦(労働者友愛協会)、稲葉奈々子(茨城大学教員)、ヒデヨヴィッチ上杉(バンドマン)、木村穣(ピースムービーメント実行委員会)、遠藤礼子(活動家)、桐原尚之、田中捷介、藤井光(美術家・映像ディレクター)、松元千枝(ジャーナリスト)、吉岡多佳子(非正規施設介護労働者/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち組合員)、加藤和博、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、大村智(明石書店労働組合)、鍬野保雄(一市民)、中村雅也(京都府立視力障害者福祉センター入所者)、藤田ひろみ・maqui,カトウ(サポートセンターMADO)、服部貴弘、園良太(フリーター全般労働組合共同代表)、古屋寛生(あすじゃ京都)、七瀬タロウ(精神障害者)、中沢浩二、松田一樹(郵政非正規労働者)、吉田信吾(ホームヘルパー)、松原明(ビデオプレス/レイバーネット日本)、大野直之(全国障害者介護保障協議会)、内野端樹(GOTCHA)、本田次男(きょうと夜まわりの会)、中村順(貧困当事者)、稲岡淑江、土屋トカチ(映像ディレクター・映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労組・派遣ユニオン)、金靖郎(難民を支援し、連帯する会)、栗田隆子(女性と貧困ネットワーク・フリーターズフリー)、湯川順夫、横山雄一、筒井雪江(永世中立宣言運動)、竹村洋介(近畿大学講師)(順不動)

【団体賛同】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、生・労働・運動ネット、住まいの貧困に取り組むネットワーク、NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー、自由と生存の家実行委員会、Media Champon、「働き人のいいぶん」編集委員会、なめるな国民を!守ろう憲法!憲法を守る意思表示の会、フリーター全般労働組合、ピープルズ・プラン研究所、APFS労働組合、京都生協の働く仲間の会、フリーターユニオン福岡、全国「精神病」者集団、びよんどネット、労働者コミュニティーセンター・ながの、京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー(順不動)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/tb.php/109-5148f9d5
    この記事へのトラックバック

    生存権を求めることが罪になる国、日本。

      生活保護申請の現場でとんでもないことが起こっています。 まず、背景のおさらいから。前ジミントー政権下で、「水際作戦」という名の...



    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。