--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビショップ社からのブログ削除要請について(2)

2012年09月07日 03:23

(1)からの続き

以上が経緯です。
皆さんは、以上の経緯を見られてどのようにお感じになられるでしょうか?

私たちは団交に応じないビショップ社に対して、ブログで事実を書いたうえで、団交に応じるように求めているだけです。
 それに対して、ビショップ社の主張の文章には様々な問題があると思われます。

そもそも、労使交渉においては、「使用者は自己の主張を相手方が理解し、納得することを目指して、誠意を持って団体交渉に当たらなければならず、労働組合の要求や主張に対する回答や自己の主張の根拠を具体的に説明したり、必要な資料を提示するなどして、そうした誠実な対応を通して合意達成の可能性を模索する義務がある」とされています。

しかしビショップ社のブログ記事削除要請の説明文書においては、そうした誠実に対応する姿勢が全く見られず、私たちが粘り強く団交開催を求めていることに対して正しく理解するどころか、私たちユニオンに対して感情的かつ大きな不信感が見られます。

ビショップ社は、表現の自由をどう考えているのでしょうか。異なる見解に対して、話し合いを拒否しながら、一方的に断罪し削除要請をする。自分と異なる意見は表明するなという態度です。
全く不十分な理由であるのに、「これ以上に説明が必要でしょうか?」などといっています。全く自分たちが正しいといわんばかりの態度です。
 一方的に解雇しておきながら、そのことへの誠実さが全く見られません。そしてユニオンを「まっとうではない人たち」のように非難までしています。
「不当解雇などしていません」といいますが、私たちの見解では不当解雇です。「不当解雇ではない具体的な理由も書面でしっかりと伝えてあります。」といいますが、最近ようやく出てきたもので、私たちは全面的に反論していきます。しかしその話し合いの場を持とうとしないで、団交を避けているのがビショップ社です。

ビショップ社は、「不当解雇だと訴える具体的理由と、交渉内容を明確にしてください。そこを明確にしてから団交しましょうと言っているのに、組合側からいっさい回答は無く」といっていますが、私たちは、団交の場で反論するから団交を持ちましょうといっています。逃げているのは会社側です。先に書面で詳細な反論理由書を出さないと団交に応じないなどというのはビショップ社の勝手なルールです。通常、そんな文書を出さずに団交をするものなのです。

「パワハラの事実はありません。酒の席でAが土下座した事実などありません。」と言いますが、これも私たちの見解と真っ向から対立しています。ビショップ社は仕事の後に社長や中核的な幹部を中心に、酒の席をよく設け、従業員はそれに参加を求められ、深夜まで帰りにくい雰囲気があるような会社です。終電でさえ帰ることができなくなることがある会社です。そうした風土になじめないAさんに対して、なんども酒の席で叱責し、会社の風土に合わないなどとあいまいなことを言い、あげくに参加者に対して「Aを解雇することに反対するものは手をあげろ」と言ってあげさせるというようなことをしました。幸い4人が勇気をもって手をあげてくれたのですが、Aさんにとっては屈辱的な場面でした。その中で、頑張りますから辞めさせないでくださいと土下座せざるを得ない雰囲気になってAさんはそれをしたのです。

ビショップ社は、この事実を隠ぺいし、「パワハラの事実はありません。酒の席でAが土下座した事実などありません。」と言っています。こうした事実について、会社が団交に応じて話し合いをすればいいのですが、団交を全くしない中で、私たちがパワハラがあったといっても、それを否定しているだけなのです。会社側に反論があるなら団交の場で言うべきです。団交を拒否しつつブログ削除要請の文面で、パワハラも土下座もないなどと書くなど全く不誠実な態度です。

そしてユニオンがやっていることを、「このような嫌がらせ」と称し、それは「ブログだけにとどまらず、ビラを撒いたり、twitterでつぶやいたり、また「取引先にビラを撒くぞ」と脅しまでかけられています。嫌がらせの連続で、まっとうな人間がやる行為ではありません。」とまで書いています。
ビラを撒くのは組合の正当な権利ですし、あまりにビショップ社が不誠実な態度をとり続けられるとこうした事実を社会的に伝えていくというのも組合としては合法的に認められる争議のあり方です。それを「脅し」と書くのは、組合を反社会的組織の脅し/ゆすりと同類のように非難している行為です。またユニオンとしては、twitterでつぶやいていませんが、誰かがこの情報を知ってつぶやいたことを取り上げているのかもしれません。いずれにせよ、そうした行為まで非難するとはおかしな会社です。
そして最後に「嫌がらせの連続で、まっとうな人間がやる行為ではありません。」とまで書いています。これはいったいなんなのでしょうか?解雇されたし、パワハラもあるので団交で話し合いたいと申し出ている組合と一度も会おうとせずに、ブログ管理会社にこのような言葉を吐くとは、言語道断です。これが本音なのでしょうか? そうだとしたら大きな認識のゆがみ、偏見です。組合活動というものが全く分かっていない態度です。ユニオンの正当な活動を「まっとうな人間のやることではない」と非難するとは、ビショップ社の法律感覚、人権感覚が疑われます。私たち「ユニオンぼちぼち」およびほかの多くのユニオンに対する侮辱です。

ビショップ社は「まっとうに社会に貢献している一企業がなぜ このような目にあわされなければならないのでしょうか。」と被害者であるかのように言っていますが、パワハラをし人を解雇しておいて話し合いも拒否している会社が言うセリフではありません。
また「労働組合は自分たちがしていることがまるで正しい事のように感じているのでしょうが、実際は他人を傷つけているだけです。」といって私たちの活動が人を傷つける行為だとまた侮辱しています。ユニオンの正当な活動を他人を傷つける行為としか見れない会社ってなんなのでしょうか?
そして極めつけは、「このような反社会的行為」といって、私たちの活動全般を「反社会的行為」と呼んでいます。「反社会的行為」? それって、犯罪行為であるとか、いわゆる暴力団とかの行動にも使うようなひどい行為への呼び名ですよね?それを私たちの組合活動に名づけますか?
ビショップ社は、ほんとうにびっくりの会社です。

ビショップ社はこのような偏見と敵対的態度を早く捨てて、誠実に解雇やパワハラ問題の団交に応じて下さい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/tb.php/298-2cf78e3f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。