--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都新聞「トランスジェンダーで不当解雇」

2009年11月13日 22:10

「トランスジェンダーで解雇不当」
京都府労委に救済申し立てへ


 性別の自己認識が生来の性と異なる「トランスジェンダー」の尾崎日菜子さん(28)=兵庫県西宮市=が性別を理由に労働契約を打ち切られたとして京都市南区の労働組合に加盟、組合が団体交渉を要求している。会社は団交に応じず、組合は不当労働行為に当たるとして13日、京都府労働委員会に救済を申し立てる。

 トランスジェンダーの自助団体「T(ティー)ジャンクション」(大阪市)によると、当事者が労働をめぐり公的機関に申し立てるのは極めてまれ。

 男性に生まれた尾崎さんは大学院中退後に豊胸手術をするなどし、女性に近い外見で生活している。戸籍上の名前も変えた。

 尾崎さんによると、西宮市のスーパー銭湯で、自身を「個人事業主」とする業務委託契約を前提に面接を受け、7月1日から同店ボディーケアコーナーの研修を受けた。契約書に署名したが、印鑑を持参しておらず押印しなかった。

 同3日、店の求めで男性と記された健康保険証を示すと「面接は不合格」と通知されたという。尾崎さんは、その際「横顔が男に見える」「性別を隠す人間は信用できない」などと性別に言及されたと主張している。

 同コーナーでは作務衣(さむえ)を着た男女の客が同室で性別にかかわりなく男女の担当者からマッサージを受けていた。尾崎さんは「この職場で性別は問われない。自ら定義した性で堂々と働きたい」と訴えている。
 尾崎さんが加盟した労働組合「ユニオンぼちぼち」は店を経営する「キナン」(和歌山県新宮市)と1回団交し、制服貸与やタイムカードによる時間管理があり実質的な雇用関係があったと主張、性差別が原因の「解雇」撤回を要求した。同社は拒否し以降の団交に応じていないという。同社は「特にコメントすることはない」としている。

ワーク・ライフ・バランスについての内閣府の調査

2009年05月31日 14:55

内閣府が27日に、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和、WLB)の意識調査結果を発表しました。

■仕事優先:望まないが実生活45% 内閣府調査
 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090528k0000m040029000c.html
 仕事の時間を今後「短くしたい」と考える人は40.2%。男性は50.9%で半数を超えた。自己啓発など個人の生活等の時間を「長くしたい」人は62.8%、休養を「長くしたい」人は58.7%。家庭生活は「今のままでよい」が55.8%で最も多かった。

■「24時間年中無休」「深夜営業」は長時間労働に加担するだけ? - 内閣府調査
 http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/29/016/
 今回の調査結果から、顧客ニーズに応えるための営業形態が結果として、長時間労働化を招き、ワークライフバランスの実現の妨げになっているという悪循環を生み出している現状が見てとれる。一方で、本来顧客ニーズに応えるはずの営業形態が、実際にはそれほど必要とされていないという皮肉な結果が報告されたかたちになる。

調査結果の全体は内閣府「カエル!ジャパン」のページで見ることができます。
◇「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)と顧客ニーズに関する意識調査」について [PDF:379KB]

「お客様は神様です」みたいなサービスは本当に労働を窮屈にし、世の中を息苦しくしてますよね。

5月24日『ひとり親なんでも電話相談』

2009年05月20日 03:00

5月24日に電話相談会が開かれます。

電話番号:0120-783-829
(相談無料。フリーダイヤルなので電話代もかかりません)

こうした相談できる場があるということを、お近くの方に是非教えてあげて下さい。

また以下の文章は転載転送歓迎です。

---「ひとり親なんでも電話相談」のお知らせ---

今年の4月1日、ついに生活保護の母子加算が全廃されました。
児童扶養手当の有期制度などの改悪といい、
子どもの貧困が社会問題になっている現状にまったく逆行しています。

シングルママ、シングルパパの皆さんはすでに十分すぎるほどがんばっています。
母子加算の廃止はひとり親家庭の最低生活水準の引き下げにほかなりません。
母子加算の全廃をこのまま黙って見過ごすことはできません。

今回、急遽、「戻せ!母子加算」集会実行委員会を立ち上げ、
仕事や育児や家事に追われて相談に行く機会もない
シングルママ、シングルパパを対象に、
全国からフリーダイヤルで受け付ける電話相談を企画しました。

日時等は以下のとおりです。

企  画:『ひとり親なんでも電話相談』
日  時:2009年5月24日(日)午前10時~4時00分
電話番号:0120-783-829(な や み・は ぶ く)

主  催:「戻せ!母子加算」集会実行委員会
共  催:生存権裁判を支援する全国連絡会
      全国生活保護裁判連絡会
      フォーラム子どもの貧困実行委員会
      ウィメンズカウンセリング京都
      生活保護問題対策全国会議

経済財政諮問会議が貧困について議論

2009年04月25日 01:13

内閣府のもとに置かれている経済財政諮問会議は、そこでまとめられた内容がそのまま閣議決定されるという機関です。

そこで先日、貧困や格差について議論され、提言がまとめられたそうです。

◆経済財政諮問会議(平成21年第11回)議事次第
http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2009/0422/agenda.html

・説明資料
安心社会に向けて(総論)(有識者議員提出資料)(PDF:185KB)
経済危機対策における格差是正策等について(与謝野議員提出資料)(PDF:1,017KB)
・配付資料
(別紙)所得格差の現状について(有識者議員提出資料)(PDF:488KB)


良心に反しても指示に従う

2009年04月23日 03:08

労働力の中に「人格」が含まれてるから(「人間力」とか)
労働力を売ると同時に「人格」も売らざるを得ないorz

◆新入社員意識調査、「良心に反しても指示に従う」4割で過去最高
 http://career.oricon.co.jp/news/65450/full/
4月22日

競争を規制して「人格」まで売らなくてすむようにしないと
命と魂がすり減るよねー



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。